製品・サービス

無停電電源装置(UPS)

インターネットに代表されるネットワークコンピューティングが急速に拡大するなか、安定して24時間フル稼働するシステム環境の構築と運用が、ますます重要になっています。サンケンのFULLBACKシリーズは電源管理アプリケーションと融合することで、システムの運用体制をいっそう徹底強化し、UPSに求められる可用性、ユーザビリティ、信頼性を大幅に向上。SOHOから、企業のメインフレーム、増加するデータセンタ、さらには公共基幹システムまで、豊富なラインナップでさまざまなニーズにきめ細かくお応えし、ノンストップパワーソリューションを実現します。

SFU

並列冗長運転<常時インバータ方式>
「並列ユニット」をベースに「パワーユニット」(3.5kVA/1ユニット)を増設することで、最小3.5kVA~最大14kVA出力まで、必要に応じて出力容量の拡張が可能なユニットシステムを採用することで、投資の効率化が図れます。また、N+1の並列冗長運転、ホットスワップ対応などの機能により、高信頼の電源システムを実現します。

さらに詳しい仕様については、【サンケン電気株式会社SFUシリーズ】のページをご確認下さい。

SNU

<常時インバータ方式>
一瞬の電源トラブルも許されないネットワークサーバ、そしてOAシステムやFAシステムに最適なオールデジタル制御UPS。高品質マイコンを採用し、優れた安定性と高速かつ高精度な制御を行います。自己診断機能、外部信号入出力機能、使いやすいグラフィックパネルをはじめ、高度なインテリジェント機能を搭載し、豊富な電源仕様で、大規模なシステム環境を強力に支援します。

SBU

<常時インバータ方式>
インターネットやモバイルネットワーキングが拡大するなか、多数のサーバやストレージで構成されるデータセンターは、24時間365日安定して稼働する事が必要不可欠です。また環境保護を背景に消費電力削減や熱対策などの徹底も求められています。FULLBACK SBUシリーズは、つねに高品質・高精度の電力供給でシステムの安定運用を支援するだけでなく、広い負荷率範囲における高効率運転を行い、省エネ化と大幅な電力費用の削減を実現します。またUPS本体は国内最小・最軽量クラスで、前面保守・天井排気構造の採用によりサーバルームの省スペース化も図れ、さらに保守部品の長寿命化、豊富なオプション、個別カスタム対応など、高度化するIT社会を支える高信頼UPSです。

さらに詳しい仕様については、【サンケン電気株式会社SBUシリーズ】のページをご確認下さい。

SPU

<パラレルプロセッシング方式>
FULLBACK SPUシリーズは、従来の電力変換を整流器とインバータ2つの変換器で行う常時インバータ方式に対し、新開発の「双方向変換器」一つで行うパラレルプロセッシング方式を採用したUPSです。これにより、回路構成の簡素化を実現し低価格化が図れ、また運転効率も常時インバータ方式に比べ高効率のため、ランニングコストの大幅な削減を可能としました(例:100kVA常時インバータ方式に比べ、電気料金換算で年間63万円、約70%の削減)。また高密度実装とメンテナンス回路の内蔵化により、同クラスで業界最小・最軽量を実現(例:100kVA常時インバータ方式に比べ、質量50%、設置面積48%削減)すると同時に、万一の瞬停の際には独自の停電検出回路と双方向変換器の高速動作により無瞬断(2msec以下)でバックアップ給電を行う高信頼UPSです。

Page Top